GDO

BLOGメイン

【GDOアマ】ふみさん教えてVol.25

ルール・マナー&レッスン [2016/09/06]

お問い合わせが多い、「スタート時間の遅刻」についての事例回答です。
競技、プライベートに関わらず、誰でも1度はドキドキした思いがあるのでは・・・

【質問】
途中で車が故障してスタート時間に間に合わない場合は、どのようなルール処置になりますか?

【回答】
スタート時間から5分を超えた場合は競技失格となります。
スタート時間から5分以内にスタートできる状態であれば、2罰打のもとスタートする事が出来ます。

【補足】
車の故障や自身の交通事故、交通渋滞は規則で言う正当な理由とならない為、遅刻の罰から逃れることが出来ません。ここで言う正当な理由には、絶対的基準といったものが無いため、ゴルフ規則裁定例や競技委員会の判断に委ねられます。例えば、本来ならばスタート時間に間に合っていたが、事故現場に遭遇し医療支援や警察などから事故見聞などを求められた場合は、正当な理由として例外が認められるケースでしょう。

年間を通して大会当日の朝、一番多い問い合わせが遅刻の件です。ルールやマナーを熟知したゴルファーから見れば、「遅刻しそうだから何とかして下さい」という問い合わせは、「ルール違反をしているけど私だけ見逃して」というお願いと同様になってしまいます。但し、スタートに遅れる可能性がある場合、遅れる理由を含め、到着見込み時刻などをお知らせいただく事は非常にマナーの良いことであり、競技委員会も、到着次第すぐにスタートホールへ送り届ける準備もできます。 基本的にプロ・アマチュア問わず、どのような競技会においても遅刻は例外が認められる場合を除いては、競技失格となります。せっかくエントリーされた試合です。コースまでの道のりには十分過ぎるほどの余裕を見て自宅を出発することが大切です。必要ならばコース付近へ前泊することも考えられるでしょう。

万全な競技ゴルファーを目指すならば、こういった部分もきちんとした知識を持ち、全てにおいて余裕のあるゴルファーになりたいですね。

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31